ホットヨガのデメリットを知っておくと安心です!

ホットヨガのデメリットを知っておくと安心です!

ホットヨガとは?

ヨガが流行っていますがその中でも、ホットヨガが注目を浴びています!ホットヨガは室温約39度で、湿度が約60%に保たれた室内で行うヨガです。

そのため、通常のヨガに比べ、汗をかいて老廃物を排出してデトックス量が高くなりお肌も綺麗!健康促進効果が高くなります。
基礎代謝をUPさせるのでダイエット効果もあります。

ホットヨガのデメリット

ホットヨガはイイことばかりで、メリットを書かれてる他のサイトが多いので、今回この記事では、ホットヨガは高温多湿で行うため通常のヨガに比べてデメリットもあり重要なことになりますので、そちらを重点的にお伝えさせてもらいます。デメリットをわかっていれば安心してホットヨガを行えます。

関節炎

ホットヨガは室温約39度なので、始めから体が温まっている状態です。そのため通常より体が柔らかくなっています。熱で靭帯や筋が伸びやすくなっていて、熱のせいで脳の判断力は少し鈍ってきます。これが合わさりることにより、痛みを感じず、筋が伸ばせる限界を超え、体の内部を傷つけてしまうケースが多いようです。

筋の伸び方は人により変わります。ストレッチや運動をしている人は柔らかく傷付きにくいですが、初心者は伸びていないため怪我をしやすいです。他の人をマネをして無理なポーズや、インストラクターに無理やり強制されても自分のペースで焦らずゆっくり行いましょう。

脱水症・熱中症

特に問題なのが、脱水状態です。高温多湿で行うホットヨガはかなりの汗をかきます。その為こまめに水分を補給しないと脱水症状に陥ってしまい倒れてしまう可能性もあります。LAVAなどちゃんとしたところでは、ちゃんと水分補給や汗を拭く時間が設けられています。必ず水分補給は行いましょう。念のため多めに水を持参しておいた方がいいでしょう。1回のレッスンで約1リットルの水を持参するようにしておきましょう。また、のどが乾いたら無理をせず水分補給するようにすること!倒れては意味ないのでデメリットがあることを理解しておきましょう。

まずはホットヨガを体験しましょう

ヨガはどこでもできますが、ホットヨガはなかなかすることができません。デメリットをお伝えしましたが、ちゃんとした施設で、ちゃんとしたトレーナーがいないと体が危険及ぶ可能性もあります。

やはり、ホットヨガは有名なホットヨガスタジオLAVAさんで体験してみるといいと思います。LAVAさんの回し者ではないのですが、体にも影響することなので慣れているスタジオの方が安心だと思います。


ホットヨガスタジオLAVA

ホットヨガスタジオLAVA

スポンサーリンク