ヨガマット おすすめ 失敗しない初めての選び方

ヨガマット おすすめ 失敗しない初めての選び方

ヨガの必需品おすすめヨガマット

ヨガのポーズをとるためには、足元が滑らず痛くならないように使用するのが、ヨガマットです。ヨガ教室やに通う場合や、自宅で筋トレやストレッチなどをする時にも何かと便利なんです。床が冷たかったり、固いとポーズがとりにくいですし、ヨガの途中で汗をかいてしまった時に足元に落ちると足が滑る原因にもなり集中できなくなります。

でも、ヨガマットって折りたためたり、丸めて持ち運べるものや、薄いのから分厚いものまでいろいろあって、どのマットを選べばいいかわかりませんよね。厚さも3mmくらいから10mm以上あるものまで多種多様です。そこで、今回はヨガマットを選ぶ際の厚さや、素材の違いで選び方とおすすめのヨガマットを紹介します!

ヨガマットのおすすめポイントは3つ

ヨガマット選びにはいろいろ種類がありますが、最も押さえておくべきおすすめポイントは次の3つあります。

  • ヨガマットの厚さ
  • ヨガマットの素材
  • グリップ力

ネットショッピングでも商品詳細に記載されているので、確認して検討してみましょう!

サイズのメリット、デメリット

1~3mm

トラベルマットと呼ばれ、軽く、薄いため持ち運びに便利です。特に折りたたんでA4サイズにできるものなどもあり、旅行や海外旅行にもおすすめのマットです。

メリット

  • 持ち運びに便利
  • 折りたためる(1mm)
  • 手ごろな価格

デメリット

  • クッション性が低い
  • 耐久性が低い

4~6mm

どのブランドでも扱っている、最もノーマルな厚みのヨガマットです。重すぎず、厚すぎないため適度なクッション性もあり基本の1枚として持っておきたい厚さです。これからヨガを始めようという方、様々なスタイルのヨガを幅広くされている方や初心者にはこちらがおすすめのマットです。

メリット

  • 適度なクッション性
  • 比較的にどのスタイルのヨガにも対応
  • 様々なブランドの中から選択可能

デメリット

  • 1~3mmと比べると高価格帯

7mm以上

クッション性が高いマットで、陰ヨガやリストラティブヨガなどホールドの長いヨガや深くポーズに入っていくスタイルのヨガをされる方におすすめです。またアシュタンガヨガやパワーヨガなど運動量の多いスタイルのヨガでも、素材にもよりますが厚みがある分マットがよれたりしません。10mmなど厚みがあるものがありますが、バランスを取るポーズの場合は倒れやすくなるかもしれません。

メリット

  • 高いクッション性
  • 高い耐久性
  • どんなスタイルのヨガにも対応

デメリット

  • 持ち運びに不便
  • 高価格

ヨガマットの素材

PVC(ポリ塩化ビニール)

ヨガマットに使用される素材で最もポピュラーなのがPVCと呼ばれるポリ塩化ビニールのヨガマット。価格が非常に安く、1000円以下でも販売されています。とりあえずヨガを始めようという人にはおすすめです。しかし、ヨガマットとしての性能はいまいちで、PVCのヨガマットは水洗いが出来ないため手入れがしにくく、汗をかくと滑りやすくなってしまうグリップ力の弱さも難点です。焼却すればダイオキシンが発生する素材のため、ヨガをされている上級者の人からは敬遠されている素材です。初級者の方に最初の1枚という選び方には適しています。

PER(ポリマー環境樹脂)

地球の環境に優しい素材です。グリップ力や重量などはPVCとほぼ同じですが、焼却してもダイオキシンが発生しなかったり、水洗い可能なヨガマットもあるのがPER素材の特徴になりなります。PVCよりも臭いが軽減されていますが、気になる人には素材の臭いが感じられると思います。PERのヨガマットは取り扱いが少なく、ラインナップが少ないため、気に入った色や柄のヨガマットを見つけるのは難しいです。

EVA(エチレン・ビニール・アセテート)

ビーチサンダルの靴底などにも使用されることの多いEVAは、水に強く、軽くてクッション性が良いとヨガマットに優れた素材、そして環境に優しく比較的熱に強いのが特徴です。PVCなどのプラスチック臭もほとんど無いので臭いに敏感な人でも大丈夫です。ヨガマットの重量も軽く持ち運びの多い人にもおすすめな素材です。しかし価格の割に劣化が早く、耐久性が高いとは言えないところです。

TPE(サーモ・プラスチック・エラストマー)

リサイクルが簡単でゴムに似た性質をもったTPEのヨガマットは、上級者からも人気の高い素材で、天然ゴムのヨガマットを使いたいけれどゴムアレルギーで使えないという人にも愛用者の多い素材です。EVAに次ぐ軽量性なため持ち運びも快適で、天然ゴムのような高いグリップ力とクッション性を持ってます。水洗いもできるため常に清潔にすることが可能。しかし値段が高価なため、初心者の方のヨガマットとしてはイマイチかもしれませんが、続けられるという方にはおすすめなヨガマットと言えるでしょう。大切に扱えば長く使用できますが、天然ゴムに近いため、熱に弱く真夏の車内などに置いておくと、丸めたまま癒着してしまい広げられなくなることもあるため注意が必要です。

麻(ジュート)

非常に良い香りとナチュラルな材質でヨガ上級者の方が愛用される素材、一般的に麻素材で作られたヨガマットは裏面がPERなどの素材で作られいるので、床とのグリップ力は問題ありません。水分吸収性能が高いため手足の汗をしっかりと吸ってくれ、汗を吸っても滑りにくいのが特徴です。汗でヨガマットが滑ることに悩んでいるなら麻のヨガマットがおすすめと言えるでしょう。

天然ゴム(ナチュラル・ラバー)

もっとも快適にヨガを行える高いグリップ力とクッション性を持った素材が天然ゴム、独特のゴム臭もありますが重量と価格を気にしないなら、ずっと使えるとも言える素材が天然ゴムです。ヨガマットに使われる素材の中でも最高級と言えるのが天然ゴムで、強い弾力があるためクッション性と安定性を両立している唯一の素材、耐久性も高く長期で使用できるため理想的なヨガマットの素材と思えますが、天然ゴムもメリットばかりではありません。ものによっては水洗いすると弾性が失われる場合もあり手入れが面倒で、アルコール殺菌などもできません。また重量があるため徒歩での持ち歩きは難しいでしょう。

おすすめヨガマット

eka Los Angels (エカ)

LA発!話題のヨガブランド

欧米のヨガブランドにはない非常にソフトな素材で膝、腰にやさしく、LAヨギーの間で大人気となったヨガマットです。ゴム独特の匂いも抑えた仕様となっており、表面は汗で滑りにくく、裏面はグリップ力が高くズレにくい構造になっています。またマットの原料は「かゆみ、かぶれ等」の皮膚アレルギーを引き起こす可能性がある「ニトリルゴム」ではなく有害性重金属類テストに合格した有機化合物を含まない良質のPVC素材を使用しています。 期間限定、送料無料の特別セットとしてヨガマット専用のメッシュケースが付属します。

LAUGH GRAN

流行のファッションをいち早く取り入れ、お買い得価格で販売

シリーズ販売累計枚数126,240枚突破フローリングや畳の上など床が固くても痛くならない!クッション性抜群の厚さ8ミリ家でテレビを見ながら、音楽を聴きながら楽しくエクササイズヨガピラティスに、ホットヨガにも最適!バッグに入らないマットも専用マットケースがついてきますので持ち運び簡単です。筋トレや腹筋運動にも使える!ヨガのポーズや呼吸法など豊富な運動が期待できます。非常にソフトな風合いで膝、足に負担がかかりにくいマットです。

バッグレイ

ヨガ・トレーニング・フィットネス用品など様々な健康グッズを取り扱い。

通常のヨガマットとは違い、10mmのニトリルゴムを使用しているためクッション性が高く体への負担を軽減してくれます。ヨガの他にも様々なトレーニングをサポートしてくれる高機能ヨガマットです。優しい弾力と厚みで体を冷やさずトレーニング10mmの厚みが膝や腰などの負担を軽減。ヨガ以外にもストレッチなどの様々なトレーニングができます。

DABADAストア 楽天市場店

スポーツ・アウトドア・フィットネス用品やレザーアイテムを販売しています

10mmの厚さが膝や腰の負担を軽減してくれます。ヨガ以外にもピラティスやストレッチなどの様々なトレーニングに適しています。

スタイルデポ

ヨガ&フィットネス用品のほかLOHASロハスなアイテムを各種取扱い

両面がグリップし床からずれにくいため、安定性が求められる立ちのポーズやバランス系のポーズにも最適のヨガマットです!特に腰骨や背骨、お尻の骨があたるポーズの際は衝撃を程よく吸収してくれるのでカラダに負担をかけずにすみます。

スポンサーリンク